空家問題 | さいたま市・川口市の不動産売買【オウチード】

048-446-6668

受付平日 9時半~20時 / 土日祝 8時半~20時

24時間365日受付中!お問い合わせはこちら
TOPページ >
ブログ一覧 >
空家問題
2023-07-22

空家問題



空き家が社会的な問題になって久しいが、(株)AS IT ISが、空き家所有者などを対象に「空き家の実態と活用方法」について調査を行った。その結果を見ると、空き家の所有者はかなり長期間、空き家のままにしていることが分かった。政府も法改正などで、空き家対策を強化している。

【今週の住活トピック】
「空き家の実態と活用方法」の調査結果公表/(株)AS IT IS

空き家に住む予定は「ない」


当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

まず、空き家の所有者に「家が空き家となってどれくらい経つか」聞いたところ、最多は「10年以上」の22.2%、次いで「3年~5年」の21.9%、「1年~3年」の20.5%が続く結果となった。空き家になってから「3年以上経つ」という回答が合わせて63.2%に達した。

次に、「今後、空き家に自身もしくは親族が暮らす予定はあるか」と聞くと、80.9%が「ない」と回答した。では、空き家は今後どうするつもりかというと、「土地と家を売却する」が38.0%と最多だったが、次いで「特にない」が29.5%だった。


出典:AS IT IS【空き家の実態と活用方法調査】より転載

調査結果では、空き家の多くが誰も住むことがないまま、長期間経過していることになる。これらの空き家の中には、適切に管理されているものもあるだろうが、管理が行き届かずに建物が老朽化したり庭の草木が生い茂ったりしているものもあるかもしれない。

適切な管理をしないで空き家が放置されると、景観を乱したり、衛生面や防災面、防犯面などの問題を起こしたりする場合がある。一方で、空き家といえども個人の所有物なので、勝手に入ったり処分したりできないので、問題がある空き家に手をこまねく形となる。




さいたま市・川口市・蕨市の不動産のことなら
不動産売却と住宅ローンの知識に強い不動産会社
 
~物件検索~
物件検索はこちら

~会員登録~
ご成約特典あり!無料会員登録はこちら

~お問い合わせ~
お問い合わせフォームはこちら

~来店予約~
来店予約フォームはこちら

~住宅ローン~
さいたま市・川口市・蕨市・戸田市の住宅ローンのことならオウチード

~不動産買取~
さいたま市・川口市・蕨市・戸田市の不動産売却・買取の事ならオウチード



~株式会社オウチードについて~
株式会社オウチードはさいたま市・川口市・戸田市・蕨市の
新築一戸建て・中古一戸建て・マンション・土地すべての様々な物件をご紹介できます。
弊社の強みは不動産売却と住宅ローン!「なるべく高い金額で売却がしたい」「相続でよく分からない」
「他社で断られた」・「審査したら通らなかった」そういったお悩みの方も、
オウチードで不動産のご売却や審査をしたら他社より高くで売れた!住宅ローンが通った!という実績が多数ございます!
不動産のご売却や住宅ローンの審査に不安がある方はお気軽にご相談ください!
 
「オウチード」にお任せ下さい

さいたま市・川口市・戸田市・蕨市・周辺の不動産売買ならオウチードへ



 

ページ作成日 2023-07-22

カレンダー
 << 2024年4月  
【月別】
【特集】
  • 準備中・・・